煙草とコーヒーの相性はなぜ合う?調べてみたら2つの理由が存在していた!

喫煙者の方、コーヒーは好きですか?

恐らく、大好きです!と答えられる方が多いのではないでしょうか?

自分語りになってしまいますが、喫煙者時代だった私も大のコーヒー党で

煙草とコーヒーの相性は世界一合うとすら思っていました。

 

このように考えている人も、少なくはないと思います。

喫煙者の方にアンケートを取ってもらった統計です。

煙草を吸う方限定で、煙草を吸いたくなる場所はどこか?

というアンケートを取ってもらった結果です。

第1位は言わずもがな、お酒の席ですね。

なぜお酒を飲むと煙草が吸いたくなるのか?という記事も別で紹介しています。

興味がある方は是非覗いてみてくださいね。

なぜお酒を飲むと煙草が吸いたくなったり、本数が増えたりするのか?

 

そして1位に次ぐ形で、なんとコーヒーショップ・カフェがランクインしました。

やはり、コーヒーを飲みながら煙草を吸うのが好きだと答える人は大多数と判明しました。

 

ではなぜ、このようなことを思う人がいるのでしょうか?

深く掘り下げて調べてみました。

 

コーヒーと煙草が合う2つの理由

 

その1 ニコチン×カフェインの融合により、快楽度がより上昇するため。

煙草を吸うと、落ち着いたりテンションが上がったりしますよね。

それは脳内にニコチンが行き渡り、大量のドーパミンを放出しているためです。

 

そして同じ作用が働くのが、コーヒーのカフェインです!

カフェインとニコチン。

この2つが組み合わされば、喫煙者にとって最強のリラックスタイムとなるからです。

カフェインには、ニコチンと同じ依存性があります。

自然界の麻薬とも言われるほどですから、コーヒーを普段毎日飲む人にとっては

飲むとほっとする。

元気になる。

だから飲むと答える方もいると思います。

そこにニコチンも加われば、煙草を吸う方にとっては至高の時間でしょう。

なので煙草とコーヒーの相性が合うのです。

その2 煙草を吸った時のしつこい苦さを、コーヒーのすっきりとした苦さで洗い流せるから。

煙草を吸った時、口や喉のなかに残る妙にしつこい苦さってありますよね。

煙はもともと粒子のような存在になっているのをご存知でしょうか。

そのため口腔の粘膜や喉などにくっつきやすいのです。

すると、どうしてもしつこい苦味が残ってしまうものです。

 

さて、苦いと言っても様々な苦みがあります。

すっきりとした苦みから、しつこい苦み。チョコレートのようなまろやかな苦み

しつこく残る苦みは、苦手な人も多いのではないでしょうか。

しかし、ここですっきりとした苦みがあるコーヒーの登場です。

口腔内や喉にくっついてしまったしつこい苦さを、苦い液体であるコーヒーで洗い流す!

煙草独特のしつこい苦みである不快感を、コーヒーで打ち消すのはさぞかし快感です。

そのため、よりコーヒーを美味しく感じる原因の一つにもなるでしょう。

なので煙草とコーヒーの相性は合うのです。

まとめ

  • 煙草のニコチン×珈琲のカフェインの相乗効果により、快感度が高まるため。
  • 煙草のしつこい苦みを、コーヒーのすっきりした苦みで打ち消すことが出来るから。