なぜお酒を飲むと煙草が吸いたくなったり、本数が増えたりするのか?

お酒を飲みながら、煙草を吸うことはありますか?

恐らく、「ある」と回答される方は多いと思います。

喫煙者の方がお酒の席で、煙草を吸わない方はほとんどいないと思います。

なんなら、禁煙中だったが、お酒のせいで再び煙草を吸ってしまった。

という方も沢山いらっしゃいます。

普段煙草を吸わない方でも、お酒を飲む場合だけ煙草を吸う。

という方も多いのではないでしょうか。

 

お酒の席で禁煙中だったが、吸ってしまった。

普段より、多くタバコを吸ってしまった。

という経験をしたことがある方も、多いのが現状です。

 

しかし、なぜお酒の席で煙草が欲しくなってしまうのか?

その理由について、考察していきます。

 

お酒を摂取すると煙草の本数が増える2つの理由

その1.アルコールを摂取すると陽気になるため。

お酒を飲むと、非常に楽しい気持ちになりますよね。

悩み事も、お酒を飲んでいる時は気にしなくて済む。という理由で飲まれる方も、沢山います。

ところでなぜアルコールを摂取すると、陽気な気分になるのでしょうか?

 

アルコールを摂取すると、脳は麻痺する!

摂取したアルコールは、血液の中に溶けだし、血液とともに脳内に運ばれていきます。

脳内に運ばれていくと、大脳(頭蓋骨の真下の部分)の働きが抑えられます。

大脳の働きは、感情や理性を保つ重要な役割を果たしているのです。

しかしアルコールを摂取すると、この大脳の働きが抑えられるため、正常に機能しなくなってしまいます。

すると、感情や理性を上手くコントロール出来なくなってしまうことにより

普段煙草を吸わない方が、煙草を吸いだしたり

煙草を2本、3本と連続で喫煙する、チェーンスモーキングを行ってしまうのです。

 

その2.お酒は脳のドーパミンを促す役割があるため

お酒は大量のドーパミンを放出させます。

ドーパミンとはいわゆる快楽物質のひとつで、恋愛成就や目標を達成したときに放出されます。

その場合の放出量は、依存にならない程度。ほんの少しだけ放出されます。

 

しかし、アルコールは違います。

アルコールはなんと飲むだけで、大量のドーパミンを放出されますので

安く、手軽に解放感や幸福感を感じることが出来るのです。

それはアルコールだけではなく、ニコチンによっても作用します。

 

アルコールによって出るドーパミンと、ニコチンによって出るドーパミン。

煙草を吸う方の脳は、この2つの幸福感を感じたいがために、お酒と煙草を両方摂取してしまうのです。

 

まとめ

お酒を飲むと煙草が吸いたくなるのは、感情や理性を司る大脳の働きが抑えられるから。

アルコールとニコチンによって放出される2つのドーパミンを、脳は求めているから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

番外編 アルコールの依存性は、ニコチンより恐ろしい?

アルコールもニコチンと同様、依存性があります。しかしながら、アルコールの依存性は非常に低く

毎日何十年間大量にアルコールを摂取しない限り、アルコール依存症になる確率は低いです。

 

ですがアルコールは一度中毒となると、辞めることが非常に困難になると言われています。

その中毒の強さは、普通に生活することが困難になるほど。

幻覚や妄想、眩暈などを引き起こし、じっとしていることも困難になります。

そんな生活は絶対に送りたくないですよね。

 

お酒は適量を守り、正しく楽しみましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。