仮に禁煙を成功させたとしても、あなたにとって失うものは1つもない

喫煙者は実は、禁煙することに恐怖感を感じています。

その恐怖感とは、煙草を吸うという習慣化された行為を辞めなければならない

喪失感がしょうたいです。

 

仮に禁煙を成功させたとしても、失うものはない

実際煙草を辞めても、何も失うものはありません。

失うよりも、大きなメリットを手に入れられることでしょう。

 

ところが、喫煙者にとって大事な何かを失う感じがするのも、事実です。

ニコチンの禁断症状によっておこることもあれば、生活の中に生みこまれていた喫煙という

習慣が、急になくなるために生じることもあります。

 

大事な何かとは、いわゆる喪失感のことだったのです。

禁煙による喪失感を、どうすればいいか?

それでは、そんなやっかいな喪失感をどうしたら良いのでしょうか?

体の禁断症状としての喪失感は、大体2週間から1か月間ほど続きます。

しかし、体の禁断症状はそこまでやっかいではありません。

なぜなら、あくまで脳でコントロールできるためです。

 

問題は、習慣依存による喪失感です。

この習慣依存は、喫煙者である以上絶対に避けられない喪失感です。

その対策法を、簡単にご紹介致します。

習慣依存の喪失感はどう対策したら良い?

このやっかいな習慣依存の喪失感の対策は、たった1つだけです。

それは、喫煙を他の行動に置き換えることです。

非常にシンプルでありながら、強力な対策効果を持ち合わせています。

 

喫煙を我慢する。喫煙をしてはならない。

と思わないようにしてください。我慢するというネガティブな感情は、禁煙に失敗する原因に

なってしまいます。

 

我慢する。というネガティブな感情ではなく、

他のことを行う・考えるというポジティブな感情に置き換えてみましょう。

自分の好きなことで十分大丈夫です。

特にやることがない。という方は、煙草を吸う時間帯になったら外に出て

思い切り深呼吸を行うだけでも十分な効果がありますよ。

 

禁煙はリスクのない投資

 

本物の投資は、お金を扱います。

お金が減ってしまったり、最悪の場合なくなる可能性も0ではありません。

 

しかし、禁煙という名の健康への投資は、仮に失敗したとしても現状の喫煙者に戻るだけです。

成功すれば、禁煙による恩恵をたくさん受けます。

煙草が必要ないすがすがしい生活が待っているのです。

 

まとめ

  • 禁煙による不安感・恐怖感は、習慣を失くすという喪失感である。
  • 禁煙は体への最大の投資。
  • 禁煙におそれず、何回もチャレンジしてみよう。
  • 禁煙最大の失敗とは、再び吸ってしまうことではなく、諦めること!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。