同じ喫煙者の友人がいたら、仲間の力でモチベーションをアップさせよう

職場や長く付き合っている友人はいますか?

少なくとも、1人くらいはいるはずですよね。

友人の存在は、人生において楽しさを産んでくれる大事な存在ですよね。

 

そんな友人も、もしかしたら喫煙者なのではないでしょうか?

もし喫煙者である友人がいたのならば、是非「禁煙を一緒にしてみないか」と誘ってみましょう。

誘ってみて、友人も乗り気なのであれば非常に運がいいです。

 

仲間の力を利用して禁煙しよう!

 

禁煙のモチベーションがアップする。

禁煙を行う場合、一緒に煙草を辞める仲間を見つけてみましょう。

仲間をつくることによって、お互いに励ましあえることが可能です。

頑張って禁煙を行えばライバル意識も出て、より頑張れることでしょう。

 

また、禁煙している時に出る禁断症状などについても語り合えます。

リアルタイムで禁煙の苦しさを感じている友人が一緒にいると、少なからず安心出来ますよね。

 

ここでひとつ注意点があります。

それは、「禁煙辞めちゃおうよ」「一本だけ吸っちゃおうよ」と声を漏らしたり、乗ったりしてはいけないことです。

それでは、せっかく煙草を吸わなかった時間が無駄になってしまいます。

「仲間の力」を悪い方向に使ってしまっては、本末転倒です。

仮に相手が誘ってきても、冷静に対処しましょう。

 

禁煙中、友人が横で吸っていたらどう思う?

さて、友人が横で吸っていたらあなたはどう思うでしょうか。

「美味そ~」だったり、「うらやましいぃ~」と思うことでしょう。

なんだったら、「1本頂戴!」とねだってしまう可能性も、十分あるでしょう。

 

なんなら友人が、「禁煙なんか辞めちまえよ」

と言いながらタバコとライターを渡してくる可能性もあります。

 

どちらにせよ、喫煙している友人の隣に居ることは禁煙中の人にとっては悪影響しかありません。

恐らく禁煙に挫折することでしょう。

そういった存在をなくすためにも、今一緒に喫煙している友人を誘ってみましょう。

 

それでも友人がやめる気がなさそうなのであれば、「自分の前では吸わないでほしい」と交渉してみましょう。

それでも吸う友人がいたなら、禁煙チャレンジ中で一番辛い3日間ほど距離を置いてみたり

関わらない様に、工夫を凝らしてみてください。

 

まとめ

  • 仲間の力を使ってモチベーションを上げよう。
  • ダメ元であっても、一度誘ってみよう

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。